阮悠Cherry

圈名是阮悠/Cherry,因为短时间内我很喜欢它们
缩在自己的世界里随缘产粮的一枚透明文手
爱好作填词的一枚透明现代词作
一个月只能休两天不到的高一新生,学校里不准带手机唷
为着枯竭的脑洞而时时苦恼着
QQ是417706871,随时欢迎登门拜访

《打上花火》中文填词

升起的烟花,从下面看?还是从侧面看?



歌曲原唱:米津玄师,DAOKO

作词:米津玄师

谱曲:米津玄师

编曲:米津玄师



【中文填词:阮悠】


あの日见わたした渚を

【夕阳边缘 记忆沉浮的海岸线】

今も思い出すんだ

【鲜丽得一如从前】

砂の上に刻んだ言叶

【流沙镌刻 脆弱得风过就会散】

君の後ろ姿

【背影也渐行渐远】

 

寄り返す波が

【水花卷分外轻盈】

足元をよぎり何かをさらう

【划过了足尖卷走海滩上渺小的一粒】

夕凪の中

【听得风悠然闲适】

日暮れだけが通り过ぎてゆく

【日光由天边云收起 也收起倒影】

 

パッと光って咲いた

【焰火一瞬撕裂夜空】

花火を见てた

【彩光与城市轻相拥】

きっとまだ终わらない夏が

【这个盛夏 一定未走到最终】

暧昧な心を

【暧昧的话蠢蠢欲动】

解かして繋いだ

【甜蜜的心彼此相融】

この夜が続いて欲しかった

【愿不敲响白昼降临的鸣钟】

 

あと何度君と同じ花火を

【拿着拙劣演技 掩藏真实心意】

见れるかなってう

【贪恋烟花下你的侧影】

笑う颜に何ができるだろうか

【等你绽开笑容却又心慌意乱于措辞】

伤つくこと 喜ぶこと

【伤痛还是悲喜 就像吗啡上瘾】

缲り返す波と情动

【在感情抉择之中沉溺】

焦燥 最终列车の音

【却是 响起列车鸣笛】

 

何度でも言叶にして君を呼ぶよ

【慌乱不已  用那焦虑声音  拼命呼唤着你】

波间を选びもう一度

【海浪卷落卷起  第几遍已数不清】

もう二度と悲しまずに

【宛如窒息  祈祷满心悲伤】 

済むように

【能沉入海底】

 

ハッと息を呑めば

【呼吸一瞬变得沉重】

消えちゃいそうな光が

【流光将散于这夜空】

きっとまだ胸に住んでいた

【愈是美好愈是值得珍重】

手を伸ばせば触れた

【好似伸手就能相拥】

あったかい未来は

【灯火悉数洒入眼瞳】

密かにふたりを见ていた

【未来的路必布满了花丛】

 

パッと花火が(パッと花火が)

【花火散尽喧嚣(花火散尽喧嚣)】

夜に咲いた(夜に咲いた)

【夜空作幕舞蹈(夜空作幕舞蹈)】

夜に咲いて(夜に咲いて)

【舞毕后的一秒(舞毕后的一秒)】

静かに消えた(静かに消えた)

【悄然沉入浪潮(悄然沉入浪潮)】

离さないで(离れないで)

【请留在我身畔(请留在我身畔)】

もう少しだけ(もう少しだけ)

【哪怕一刻也好(哪怕一刻也好)】

もう少しだけ このままで

【哪怕一刻也好 任天涯海角】

 

あの日见わたした渚を

【夕阳边缘 记忆沉浮的海岸线】

今も思い出すんだ

【鲜丽得一如从前】

砂の上に刻んだ言叶

【流沙镌刻 脆弱得风过就要散】

君の後ろ姿

【背影也渐行渐远】

 

 

パッと光って咲いた

【焰火一瞬撕裂夜空】

花火を见てた

【彩光与城市轻相拥】

きっとまだ终わらない夏が

【这个盛夏 一定未走到最终】

暧昧な心を

【暧昧的话蠢蠢欲动】

解かして繋いだ

【甜蜜的心彼此相融】

この夜が続いて欲しかった

【愿不敲响白昼降临的鸣钟】

 

rararara……

【啦……】

 


PS:想要翻唱留个言即可,回复和私信都行,唱完希望能发送我链接

想要交朋友或者合作的话可私信

发布时请带上【填词:阮悠】

如果填词的字数不对尽可联系我(前提是你打算唱),我会根据你的要求为你进行字数修改

请不要没经过我同意的就把词抱走据为己有并且不打我的名字,做人请有道德谢谢





评论
热度 ( 21 )
  1. 氵聿阮悠Cherry 转载了此文字

© 阮悠Cherry | Powered by LOFTER